うどんのコシ

うどんのコシ

Sanukiがファッションとか食とか雑多に語ります。毎日不定時更新。見てやってください。

3つも種類が!? LA LA LAND(ララランド) サントラ購入時に気をつけるべきポイント



 

f:id:Sanuki:20170323223630p:plain

SaSaSanukiです。

今回は流行りのララランド サウンドトラックについて話したいと思います。

 

私は先日、話題の映画ララランドを鑑賞しめちゃくちゃ感動して帰ってきたことは記憶に新しいです。

あれから、脳内BGMは常に映画挿入歌にジャックされ、常に脳内お花畑おじさんになってしまいました。

 

そんな時思ったのが、そろそろ脳内じゃなくモノホンを聞きたいな。

サウンドトラックの購入を決断しました。

 What!? ララランドのサントラCDには3つの種類が存在する

 そうなんです。

このLA LA LAND(ララランド)のサウンドトラック、下に書くみたいに、別のものに見えるバージョンが3種類もあるんです!?

 

1.平行輸入版

 

すでにトロント国際映画祭で最高賞である観客賞を受賞し、早くもアカデミー賞の大本命と注目されるLa La Land 。

出演:ライアン・ゴズリング『ドライヴ』、エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、J・K・シモンズ『セッション』。音楽は映画「セッション」でも作曲を担当したジャスティン・フルビッツ。ジョン・レジェンドが1曲参加。
1. Another Day Of Sun (La La Land Cast)
2. Someone In The Crowd
(Emma Stone, Callie Hernandez, Sonoya Mizuno, Jessica Rothe)
3. Mia & Sebastian’s Theme (Justin Hurwitz)
4. A Lovely Night (Ryan Gosling, Emma Stone),
5. Herman’s Habit (Justin Hurwitz)
6. City of Stars (Ryan Gosling)
7. Planetarium (Justin Hurwitz)
8. Summer Montage / Madeline (Justin Hurwitz),
9. City of Stars (Ryan Gosling, Emma Stone)
10. Start A Fire (John Legend),
11. Engagement Party (Justin Hurwitz)
12. Audition (The Fools Who Dream) (Emma Stone)
13. Epilogue (Justin Hurwitz)
14. The End (Justin Hurtwitz),
15. City of Stars (Humming)
(Justin Hurwitz featuring Emma Stone) 

こちらが、本家本元のサウンドトラック!

美しくも簡素で、超素敵なジャケット。

何も言うことありません。

お値段もネットで1600円前後、しかもサントラの中で一番安い!!!

 

2.日本版

  1. アナザー・デイ・オブ・サン
  2. サムワン・イン・ザ・クラウド
  3. ミアとセバスチャンのテーマ
  4. ア・ラヴリー・ナイト
  5. ハーマンズ・ハビット
  6. シティ・オブ・スターズ
  7. プラネタリウム
  8. サマー・モンタージュ/マデリン
  9. シティ・オブ・スターズ
  10. スタート・ア・ファイア
  11. エンゲージメント・パーティー
  12. オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)
  13. エピローグ
  14. ジ・エンド
  15. シティ・オブ・スターズ (ハミング)

こちら日本語版。

いいところは、日本語対訳が付いているということ(?)くらい。

個人的には、改悪改悪改悪と思ってます。笑

ジャケットは華美なものにすり替わり、

タイトルはカタコトのカタカナに。 

 

料金なんか、オリジナルより1000円以上高い2700円前後での販売に。

ありえん。笑

 

3.バンドスコア

 こちらはバンドスコア版!

簡単に言うと、歌なし、演奏のみのサウンドトラック。

これはこれで味があります。

しかしながら、ミーハーには敷居が高いっ

 

料金は据え置き1600円前後です。

 

Sanukiからひとこと

今回、このサントラを購入するところまでで戸惑いがあったので記事にしてみました。

私のおすすめは、1番目の並行輸入版ですね。

私も、1枚購入しました。

 

次回は、CDを聴いての感想も書きたいと思います。

Sanukiでした。